2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

手帳も新しい気持ちで

新しい手帳を買いました。(いまさら?と思われるでしょうが、4月~3月版を使っているのです)

2年前から「ほぼ日手帳」を愛用しています。時間管理を意識するようになってたくさん書ける手帳が欲しくなったところへこの手帳を知り、ちいちいの入学も控えていて4月始まりは好都合じゃないか!と飛びついたしだい。

色は鮮やかな「ナイロン・キウイ」を選びました。どんな色なのか、なぜこの色を選んだのかは…こちらをご覧ください。思いを書き綴ったらサイトに掲載していただきました。ありがとうございます。

とにかく今年は気持ちを入れ替えて、前向きに行くぞう~!という思いを手帳にもこめてみました。なんだか見ているだけで元気が出てくる感じで、ウキウキしてきます。

それにしても…、掲載していただいたのはうれしいけど、改めて読み返すと我が文章のつたなさにがっくり。なぜグリーン=フレッシャーズのイメージなのかというと、初めてとった免許証の有効期限の背景色(ゴールド免許だと金、普通だと水色のあの部分)がちょうどそっくりだったんですよね。自分でしっかり考えを伝えたつもりでも伝わっていないこともあるんだよなあ。文章力も磨かなけりゃ…

そして入学カウントダウン

そして入学もいよいよ迫り、現在入学用品手作り中。裁縫にはてんで自信がないのだが、一切外注する割り切りも出来ず…母が作ってくれたことが頭に残っていて、せめて袋くらいは作ってあげたいなと思ってしまうのだ。ちいちいのときから数をこなしてようやく巾着くらいはできるようになりました。080217_200625

まずは体育着袋とランチョンマットを。袋はポケモン、ランチョンマットはいわゆるドロボウ風呂敷模様(笑)。このあとランチョンマット袋はドロボウ風呂敷そのものの緑地で作る予定。といっても今どきの子どもたちはドロボウ風呂敷といってもピンと来ないのだろうな・・・

あとは手提げに防災頭巾カバー、学童のお弁当袋も作らなくては。

母の苦闘は続きます…

卒園カウントダウン

気がつけば2月も後半。たいたいの卒園式まであと1ヶ月を切った。

今日は保育園のお楽しみ会と懇談会だった。子どもたちの劇を見たあとドッジボール、そして懇談会と盛りだくさん。これに卒園式の父母出し物練習も加わって、全て終えたら仕事の日より疲れた…^^:

劇は「12の月の物語」。冬の森で主人公が12ヶ月の神様と出会い、マツユキ草を手に入れるお話(「森は生きている」という物語だと思う)。ちいちいも同じ演目だったのだが、今回は男の子16人、女の子4人というほとんど「男クラ」なので、主人公は男の子、マツユキ草を欲しがる女王様は王子様にとアレンジされていた。(代表撮影のみなので写真は残念ながらなし・・・)

正直な感想を言うと「男の子はやはり幼い…」。ちいちいのときは女の子の多いクラスで、みんな堂々としていて安心して見ることができたのだけど、緊張したのかせりふがよく聞こえないとか、やたら場面転換のための幕引きが多いとか、ついついちいちいのときと比べてしまった。ま、みんなよく頑張ったよ!たいたいは緊張で指をくわえながらも(!)なんとかせりふも聞き取れた。その後のミッキーマウスマーチの合奏とリクエストを受けて歌ってくれた歌の方はみんなリラックスしてしっかりできました^^

ああ、いよいよ卒園なのね…。さびしいわあ。

母のほうは、現在卒園式での父母出し物のために20年以上ぶりにリコーダーの練習をしている真っ最中。子どもたちが今歌っている「にじ」という歌を親もやろうというわけで、その伴奏を数人の父・母で担うのだ。プロの演奏家のパパと、音楽教師のママ主導でこちらもなかなかの出来になりそう。といっても私、いま低音の「ド」が出なくて苦闘中。あ~ハズしたらどうしよう…(大汗)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »